スポンサーサイト

  • 2008.04.02 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ひょえーー!!@死語(汗)

080118_1401~0001.jpg
上司が外での打ち合わせで、職場は午後から無法地帯。

仕事もちょうど中だるみする、月の真ん中。

これといって急ぎの仕事もなく、昼食後にネット三昧♪

まぁ会社PCはセキュリティー万全だから、見れるサイトが限られちゃうんだけどね@チッ。


別に探してるモノもないのに、ヤ○チケカテゴリを開いてみた。

昔と違い、冬イベント参戦率が低下している今年。
何か面白そうなのあったら、突発的に行ってみちゃおかな〜?!

はぃ、その程度でね。


心惹かれるイベントがないまま、次々とページを進めていくと?
ぁこれ、友達がハマってるV系バンドだ。

彩冷え見っけたよ、せつ@私信。

[関東]で検索してたから、都内近郊の会場も出ててね。
しかも、陳列してる名前いちいちクリックしないと、詳細が見れないの。

めんどくさいなぁ…。
会場名くらい、名前と一緒に提示してよ〜(汗)。

水戸とか宇都宮とか、まだ未知の世界だわ〜。
そんな風に思いながら、最後のリンクをぽちっとな!


……………。
………。
ん??


【赤坂BLITZ】


はぁ???
赤坂BLITZって、とっくの昔に閉館したじゃん。
そんで翌年、横浜BLITZ開業したじゃん。

何これ、赤坂と横浜間違ってんじゃねーの?!
バッカで〜@毒。


と思った、如月の方がバカだった。
なんと、かつて赤坂BLITZがあった場所は現在、開発作業中だそうで…。

その一角に、赤坂BLITZが復活するそうなっ!!!!!

ひょえーっ、マジっすか!!
横浜のみならず、赤坂にも造るっスか!!
は〜、そぅですかぁ〜〜〜!!!(驚)


詳細までは、チェックしなかったんだけども。

オープンは、3月下旬らしく。

こけら落としは、ゴス○ラーズ2DAYSらしい。
(この公演が、スケジュールの一発目だった)


赤坂BLITZ…懐かしいなぁ。
初めて行ったのは、誰ん時だったっけなぁ?

FtCでは、ないんだよね。
音楽系の学校行ってた時、課外授業で行かされて…。
その前に一度行ってんだけど、誰観に行ったか覚えてないや(汗)。
大して興味もないバンドを、暇潰しで観に行ったんだろな…。

一番行った回数が多かったのは、当然FtC。
TUSKが加入したばかりの、CREZEも観に行ったっけな。
(あ、これが初赤坂BLITZかも!)

最後に行ったのは、やっぱりFtCで。
当初ツアーに組まれてなかったのに、閉館を知ったメンバーが
「思い出が多いハコだから…」
って、急遽入れたんだったな。

なのに如月は当日仕事で、大遅刻しちゃってさ。
公演の半分も観れなくて、心残りなラスト赤坂BLITZだった(泣)。

それから少しの時を経て、たまたま別の事調べてた最中、横浜に移転すると知ってね。
FtCはほら、新しいモン好きだからさ。
(渋谷AXや川崎CHITTAも、開業すぐに使ったし・笑)。
次のツアー絶対入ると、思ってたんだけどね。

なのに願い叶わず、解散しちゃってね(苦)。
「もう新しいBLITZに行く機会ないかもね…」
なんて、身内で話したもんだよ。
その通り如月、未だ横浜BLITZ行った事ないよ。

ある日何かの用で、赤坂に行ってさ。
噂には聞いてたんだけど、赤坂BLITZあった場所、さら地になっちゃってて。
あれは寂しかったねぇ、思い出まで消えてしまったような気がして…。


そんな赤坂BLITZが、今年3月復活しますよ!!
嬉しいですよ、かなり嬉しい!!

まぁ、まだまだ行く機会には、恵まれなそうだけど(汗)。
あの人達が、この人達が、いつかステージに立ってくれたらいいなぁ。
ね、翔太&DAIGO(笑)。

とにかくこのご時世、ライブハウスが増えるのは嬉しいね。

市川GIOや原宿RUIDOとか、老舗が閉館しちゃったり。
LIQUIDROOMは新宿から、恵比寿に移転したり。

目に映る思い出が、次々と変わってく最中でさ。
姿形は変わってしまっても、昔と同じ場所に昔と同じ名前で、戻ってきてくれる事。
こんな嬉しい事ないよ、<再会>だもんね。


ま、行く予定はまだまだないけどさ(苦笑)。
その日が来るの楽しみだし、その日が来ると信じてるよ。

ねっ、翔太&DAIGO!!
(しつこい?・笑)






いやはや(汗)

こちらはすっかり、ご無沙汰しちまいまして!
(注・如月はここの他2ヶ所で、ブログ展開中@リンク参照)

いや〜明けたね、すっかり日常に戻ったね。
しかも寒いね!
ぁ、昨年末に告知した通り、如月は喪中の身なんでね。
新年のご挨拶は自粛…って、今更か(苦笑)。


いやぁもう、マジ寒いわ!!
身も心も、懐も(凹)。

PC、いよいよダメみたい…。
キーボードにお茶をブチまけて、早2年が過ぎて(愚)。
それにも負けず働いてくれたけど、さすがに潮時みたい…。
ていうか、もう相当古いんでね、いい加減ダメっぽい(苦)。

買い替えはかれこれ1年ほど前から、検討してたんだけど。
冬ボーナス出たら!って思って目を付けてた機種('07秋冬モデル)が、正月のうちに完売しちゃったらしく(泣)。
同じシリーズの最新機種が、かな〜り予算を上回るお値段なの…。

だから買い替えは、もう少し先になりそう。
高い買い物になるから、妥協はしたくないのよ(滝汗)。


アナタ今、これを読みながら…。
「おまえバンドネタ書くためのブログで、何それ以外のネタ引っ張ってんだよ(怒)」
なんて、思ってたりする?!
もしくは、薄々感づいてる?!
はぃ、その通り。


バンドネタがないのよ〜ん●~*


いえ、あの…(焦)。
ないって事も、ないんだけどね?!
わざわざここに書くほどのネタが、今年まだないんですよ…(寂)。
今回はあまりに放置してるここを、更新しているだけなのっ!


とはいえね?
これで終わりってのも味気ないから、書きますよ。
一応、バンドネタ用に開設した場所だし…。


別んとこには当日、ちゃんとUPしたんだけど。
今月8日は、ex.FtCで現ジュエリープロデューサー、石月努さんの誕生日でした。
努さん、31歳BDおめでとうございます♪

努さんBDといえば、FtC冬ツアー。
当日は名古屋出身にも関わらず、なぜか大阪ギグ率が高くてね(笑)。
年に一度のBDかギグと重なってんのに、なんで地元でお祝いしないのかな?
って、毎年疑問を抱いたもんだった。

2005年12月。
FtCは久々に、X'masギグをやったんだ。
23・24日の、2DAYS。
如月は仕事上24日しか行けなくて、初めて参戦するX'masギグを、ワクワクしながら待ってた。

けど、その日より少し前。
公式サイトに、「来年の冬ツアー予定はありません」って、告知が載ってね。
毎年11月頃に来てた、カレンダー通販DMも来てなくて。
今思えば多少の違和感は、この時からあったんだよね。

んで、X'masギグ終了後に打ち上がってる最中、当然この話題になった。
その時に仲間の1人が、こんな事を言ったの。

「これまでの経験からいくと、今まで好きになったバンド全部。
カレンダー出さなかった年に、解散してんだよねぇ…」

一瞬その場が、シン…とはなったけど。
即座にみんな口を揃えて、「まっさか〜、FtCに限って!!(笑)」てなった。

そりゃそうだよ。
ついさっきまで観てたメンバー、スッゴい楽しそうに笑ってたし。
ギグ自体もいつも通り、めちゃくちゃ楽しかったし。
むしろみんなが来年の活動に、期待しまくっちゃってたもん。

あと、更に全員一致した意見が…まぁ無礼っちゃ無礼なんだけど。
「だってあの人達FtCなくなったら、他に出来る事なさそう(爆)」
…だったんだよね(汗)。

あの5人がFtCである事以外に、出来る事なんてないと思ってた。
カレンダー説を言った人も含め、みんな真剣にそう思ってた。
そう信じさせてくれる何かが、FtCにはあったんだよね。

なのに翌日25日、カレンダー説は本当になった。
仕事してた如月は、別の仲間から来たメールで、それを知った。
FC会報に、解散報告が同封されてるって…。

如月家は、都内なのにその日会報が届かなくて、しばらく半信半疑だったんだけど。
東京以外に住んでる仲間から、次々と同じ内容の連絡が来て。
そのうちの1人が、泣きながら電話してきた事で、やっと「本当なんだ…」と思った。


その日は一晩中その子と、電話しながら泣いて。

翌日その子が「1人でいたくない」と泊まりに来て、FtCの映像見ながら一緒に泣いて。

大晦日〜元旦、一番に解散の事をメールしてくれた子と3人で、都内ホテルでDVD鑑賞会しながら、泣いて。

ラストツアーになったFC限定も、参戦した先々で泣いて。

ラストギグ連番でチケ取って、並んで観ながら泣いて。

全てが終了した直後、抱き合いながら声出して泣いて。

そのままオールして、帰宅後にシャワー浴びながら、1人で泣いて。

少し寝て目が覚めた時、外はヒドい雷雨で。
今の自分の気持ちみたい…って、思いながら泣いて。

雨が止んだ空には虹が架かり、それがとても綺麗で。
メンバーも今同じ空を見てるかな…って、そうであって欲しいと願いながら、虹が消えるまで泣いた。

人間ってこんなにも涙が出るんだ…って、初めて思った。
けど如月は、あの虹に救われたんだよ。
あの虹は、FtCが最後の最後にくれたメッセージなんじゃないか?って、今でも思ってるよ。


《遠くはなれていても 心は繋がってる
また めぐり逢うトキを 夢見て生きてくんだろう

逢えない夜 空を見上げ 君を想い出すよ
忘れないで 同じ空を いつも見ているから》

♪[追憶をこえるスピードで]@FtC.


……ってもぅ、ほらぁーーっ!!!
ここに書くと絶対こうなるって判ってたから、書き渋ってたのに!!
努BD→冬ツア→最後に一緒に過ごした冬→解散。
予想通りな展開に、我ながら感心するわ!(恥)

年明け一発目の更新だから、景気良く(?!)始めたかったのに…。
思い出したら、また涙出てきたぢゃん(泣)。
努のバカーーッ!!!
(八つ当たりかよ・汗)


まぁとにかく、2008年もこんな調子で行きますよ!
ちなみにバンド年初めは、来週のリブライアンっす。
(ex.ラクリマ、TAKA&HIROユニット)
そんなこんなで(は?怒)、今年もこんな如月を、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m





カウントダウン

24日イヴに参戦した

D'ERLANGER@FC限定!

を更新しないまま、今年が終わろうとしているっ(汗)。

ちなみにどセンちょい下手(KYOちゃん寄り)、2列目で観戦しました。
CIPHERとは少し距離があったけど、常に姿が見えていたし。
SEELAやTETSUもよく見えて、何よりKYOちゃんがめちゃ近かった☆

FC限ならではの、盛りだくさん企画あり!
KYOちゃんピン活動中の曲を、CIPHERセレクトで披露。
判らなかったけど、他人の曲のカヴァーも披露。
一発目アンコールは、アコギver.

Dir en greyのGu.堕威さんの、ゲスト出演あり!
さっき知りましたが、堕威さん。
20日誕生日だったんですね、おめでとうございました。
他のメンバーが月と海の光を浴びに行ってた(らしい)中、こっちにきてくれてありがとう!
ナチュラルな出で立ちだった堕威さんが、如月はDir〜の姿より好きです(爆)。

MCも多くて、ポジションが良かったのか押し被害率も低めで、めっちゃくちゃ楽しかった!!!
(押し自体は常にあったが、視界が開けてただけマシ・汗)
おかげで翌日から、首〜背中とふくらはぎが、見事に筋肉痛でした(苦)。

来年の春は新譜(マキシ&アルバム)リリース、GWは日武ライブ!!
今年以上にライブをやると言ってくれたD'ERLANGERに、来年もついて行くぜー!!!


さて、プチ☆レポはこんくらいにして…。

多くの人達が年末年始休んでいる中、如月は仕事なので。
大晦日は午後勤〜深夜で、間違いなく電車の中で年を越すので(泣)。
喪中で新年のご挨拶を、自粛させていただくので…。

今のうちに、今年最後になるであろう、更新をしたいと思います。


え〜、個人的に2007年は、あまり良い年ではありませんでした。

結成から応援し続けてきたバンドを、愚かな行為とここを発端に、上がる羽目になった。
そのバンド繋がりの方々と、疎遠になってしまった。

これは今年の如月にとって、一番ツラい経験になった。
けど自業自得だと、今でも反省している。

その代償で失ったモノは、あまりにも大きかったけど…。
迷惑をかけてしまった方々に、こういう形でしか謝罪できない。
いずれこれらの罪と罰の意味を、知る時が来ると思いたい。

そして疎遠になっている方々と、笑顔で再会できたらと思う。
どんな場所でそれが叶うかは判らないけど、「あれも思い出」と笑い会える日を、懲りずに待ち続けよう。


だけどこれがキッカケで、新たな出逢いもあった。
ALvinoと、BREAKERZ…。

たぶん別れがなければ、彼らの音源を手にする事も、ライブに行く事もなかっただろう。
彼らの存在が、如月を救ってくれた。
そして彼らの奏でる曲は今、心地よく響いている。

そんな彼らの存在に、心から感謝します。
どうもありがとう!
来年もお世話になります、いっぱい遊んでね☆


で…実は最近、ある真実に気が付いた。
それは思いもしなかった事で、そんな風に感じた自分が切なかった。
これが今年最後の、悲しい事であって欲しい。

「これまでの時間を共有してきたバンドの中で、今でも一番好き」
未だそう信じて止まないバンド、FtC。
解散して、2年が過ぎた。

メンバーはそれぞれ、様々な分野で活躍している。

Gu.和也は新ユニットで、精力的に活動中。
SHUNさんは舞台で多才振りを発揮しつつ、自身のバンドを結成@休業中。
Dr.徹はアレンジャーとして活躍する傍ら、先日ソロデビューを果たした和也ユニットのVo.音源に、SHUNさんと共にサポート参加。
Ba.RYUJIの話はまったく聞かないけど、きっとこの空の下で、彼らしく生きているんだろう。

FtCの要的存在だった、Vo.石月努。
2年という月日を経て、その間に闘病生活を強いられながら、再びFtC'sの前に姿を現した。
ミュージシャン[石月]としてではなく、ジュエリーデザイナー[石附]@本名として。

開設して間もなく携帯でロムれなくなったブログを、最近PCから覗いてみた。
そこにUPされている画像の彼は、ミュージシャンとしての面影こそあれ、まったく別人のようにさえ思えた。

そして、気付いてしまったのだ。
如月が好きだったのは、石附努本人ではなく…。
『ミュージシャン・石月努』だったという事に…。

現在の彼に、興味がないワケではない。
けどそれはあくまでも、好きだったミュージシャンの現在に…であり、彼自身に対してではない。
その証拠なのか、未だ店に行った事もない。

ブログの画像に写る彼は、好き「だった」人であり。
それは、「今の彼が好き」という事ではない。
むしろ彼の存在に、FtC時代以上の距離を否めなかった…。

それでも、たぶんこれからも。
努の存在を、ないがしろにはできないだろう。
彼には本当に、たくさんのモノを貰った。
それがあるから今生きていると言っても、決して過言ではないほどに…。

石附さん、こんなFtC'sでもいいですか?
それでも「今でもFtC'sである」と、公言し続けていてもいいですか?

アナタの選んだ人生は、もはやどうでもいい事で。
今のアナタが、笑って生きてくれている事。
それ以外に、それ以上に、望むモノはありません。
アナタがアナタらしく過ごせているなら、もうそれだけで充分。


2007年最後にご挨拶するつもりが、こんな内容になってしまいました(汗)。
では、改めて…。

ブログ分割により、今年から始めた当siteを訪れてくださった方々。
一度しかない人生の僅かな時間を、如月の戯言に費やしてくださり、本当にありがとうございました!

アナタ達の存在の元に、ここは成り立っています。
願わくば来年も、不甲斐ない管理人・如月ならびに当siteを、何卒よろしくお願いいたします。

それでは皆様の2008年が、希望と幸福に満ち溢れた年になりますように…。
楽しい年越しを過ごし、素敵な新年を迎えてください。
2008年もミーハー魂炸裂で暴走しますので、どぅぞよろしくちゃん♪





ス…ス…ス…

スマスマに…
ジャニーズNo.1アイドルのSMAPがやっている、スマスマに…


ZIGGYが出たーーーっ!!!!


残業して帰宅、夕飯を作っている最中だった。
やや体調不良につき、メニューは味噌味&玉子入りおじや。
ビストロコーナーを見届け、おじやを作り、火を止めた時だった。
…ん?
どこからか、懐かしいメロディーが…。

茶碗を持って戻り、テレビ画面を見たら。
そこには昔と変わらぬ姿の、森重さんがーーっ!!

止まったね。
確実に3秒くらい、如月の思考は止まったよ。
じ…じ…

ZIGGYだぁーーーー!!!

C-C-Bコスした稲垣くんの横で、森重さんが歌ってる!
しかも、『GLORIA』歌ってる!!

若かりし頃こんな如月も、バンドなるモノをやった事があった。
ま、バンドと呼ぶには程遠く、放課後の暇潰し程度だったけど…。

初めてメンバーでスタジオに入り、初めて演奏した曲が、この『GLORIA』だった。
間奏のベースソロにギターが加わるとこで、森重さんが言っていた「カモン!」が恥ずかしくて言えなくて、ギターだった奴にダメ出し食らったっけ@しみじみ。
(お恥ずかしながら、Vo.をやってました…)

けど如月は結成僅か4ヵ月ほどで、リーダーがいつの間にかライヴのブッキングをしてたと知らず、脱退を申し出た。
1人だけ学校が違ったせいか、メンバーの話題の中に入っていけず、疎外感を抱くようになっていた。
あと初心者だったのも如月1人だけで、かなりのテクニックを持っていたメンバー達に、劣等感さえ抱くようになっていたんだ。

だから同じ学校の同級生を誘い、初心者だけで新たなバンドを結成した。
「もうライヴの予定を入れてるから、せめてそれまで…」
と電話口で説得するリーダーに、
「掛け持ちはしたくない、新しいバンドに集中したい」
と言い張り、最終的にはケンカ別れ。

今思えば、勝手極まりない。
既にオリジナルの詞と曲が出来ていて、次の練習からアレンジをしていこうと、話していた矢先の事だったからだ。
詞は全て如月が書いたモノで、抜ける時
「それを返して欲しい」
と頼んだら、リーダーは
「ぶざけるな!」
と更に怒り、返してもらえなかった。

そのまま、2年の月日を経た頃。
所属していたクラブの代表として、たまたまリーダーの通っていた学校で開催された意見交換会に、出る事になった。
リーダーも出席と聞いていたその会で、人づてにリーダーが詞を返してきた。
その時、ケンカ別れゆえにちゃんと伝えられなかった気持ちを手紙にして、リーダーに渡した。

それがきっかけとなり、リーダーと和解。
その頃、あとから加入したギターが偶然リーダーの後輩だった事もあり、練習を見に来てもらったりもした。

ただ仲間と過ごす事が楽しくて、音合わせよりお喋りの時間の方が遥かに長かった、ド素人バンドの練習風景を見ながら。
リーダーはぼそっと、
「こんなんじゃ意味ねぇだろ、黙ってウチにいりゃ良かったのに」
と言っていたけど。
リーダーがやっているバンドが出演するイベントに呼ばれ、見に行った時。
ステージにも場内にも、あの時のメンバーは1人もいなかった。

それが原因ではなかったけど、それ以来リーダーとは疎遠になり…。
ウチにいたリーダーの後輩も、練習に顔を出さなくなり…。
何故かギターが居つかなかったウチのバンドは、卒業を待たずに自然消滅。

今ではリーダーも、あの時の仲間達も。
どこでどう過ごしているのか、知る事さえ出来なくなってしまった。

一度も光を浴びる事なく、マトモに演奏出来る曲がひとつもないまま消えてしまった、ド素人バンド。
それでもあの頃過ごした時間を、無駄だったとは思わない。

スタジオのスタッフさんに「いい声してんな〜」と褒めてもらい、嬉しかった気持ちとか。
初心者の分際で洋楽のコピーをやる事になり、英詞にふりがなを書いて、必死に発音を真似た苦労とか。
何より仲間達と一緒にいる間、絶える事がなかった笑い声とか。

時には意見をぶつけ合い涙した事も、ギターが居着かず悩んだ事も。
[今この時が全て]と、当然のように思いながら過ごしていた、あの頃。
今は
「若気の至り●~*」
と微笑ましく感じながら、良い思い出として、この胸の中にある。

“もしかしたら、これまでの人生で最も、輝いていた時代だったかもしれない”
そんな風に思うくらい、眩しい思い出として…。

久し振りに体感したZIGGYの音で、久し振りに当時の自分を思い出した。
そして、こんなに詳しくバンドをやっていた時の事を誰かに話したのは、初めてじゃないかと思う。

一度も人前に立つ事なく終わったバンドの事を、実は“情けない”とか“恥ずかしい”と、どこかで思っていたけど。
そんな事ない、そんな風に思う必要なんてない。
あの時の如月は心の底から、自分を取り巻く時間を楽しんでいた。

それだけでもいいじゃないか、充分じゃないか!
そう思えるようになったあの時代が、今は宝物のひとつになっているのだから!

懐かしく眺めていたZIGGYも、当時のZIGGYではなくなっていた。
如月が知らないメンバーに囲まれ、森重さんだけが昔のまま、楽しそうに歌っていた。
そんな状態でも、今聴いても『GLORIA』は、やっぱり名曲だと思った。
でもってDr.の宮脇さん、めっちゃ男前☆

時代が変わっても、人が変わっても。
奏でられる音は、あの時のまま心地よい。
不変なモノなどないと判っているけど、この感覚だけはこれからも、変わらずに持ち続けたい。

うぅ、カラオケに行きたくなってきた!
その機会が訪れたら、『GLORIA』歌うぞ!
その時は「カモン!」をさりげなく、カッコよくキメてみせるんだぜ♪




初BREAKERZ!!

てなワケで、行って参りました。

BREAKERZ 2ND ONE MAN LIVE
@原宿アストロホール.

さっき気付いたけど前ログ、綴りを間違えてたね(汗)。

で、こんな日に限って残業。
そんなに悪いか、日頃の行い(泣)。
何度も同じ経験をしてきたので、もはやビクともしなくなり…。
18:20になったくらいで、ついに腹を括る(苦)。
はぃ、遅刻決定●~*

久々の原宿は、すっかりX'masモード☆
早足で通り過ぎたラフォーレ前の、イルミネーションが物悲しい。
開演に間に合う時間に通っていたら、さぞ美しく映っただろう(毒)。

アストロ、かなりご無沙汰ちゃん。
初めてここに来たのは、DAIGOさんを見るためだった。
JZEILというインディーズバンドの、初ワンマンで。
BREAKERZのDAIGOさんを初めて見るのが同じハコだなんて、なんか運命的。
違うハコだったら、来てなかったかもしれないな…。

最後に来たのは確か、FtCのフィルムギグ@去年の1月!
ライヴで最後に来たのもFtC、あれは一昨年のクリスマスイヴ。
翌日届いたFC会報で解散を知り、涙のクリスマスになったっけ…。

な〜んて事を考えながら、音が漏れてくる場内の扉の前へ。
しかし、扉の向こうは人壁!
中に入り扉を閉じてもらったはいいが、そこから動けない(汗)。
ナニも見えない、ステージの照明さえほとんど見えん!

如月、高を括ってました。
JZEIL初ワンマンでは開演ギリ着でも、ドリンクカウンター前まで入って行けたので。
今回も、そんなもんだと思っていた。

ところが、とんでもなかったぜ。
満員御礼じゃないか、BREAKERZ!!
これはおそらく、ABCイベ効果?!
(ABC=ジャンヌYASUさん展開中の、ソロプロジェクト名の略)

ライヴは既に中盤、前方は大盛り上がり。
大人しめだった後方は、関係者?
段階を踏みつつ人波をかき分け、場内3分の2くらいまで移動。
前はファン、後ろは関係者といった境目で、さすがにストップ(苦笑)。

やっとメンバーの姿がチラホラ見え始めた頃は、ほぼ終盤…。
上着も脱げず、バッグも持ちっぱ、半ば傍観状態でのライブ観戦に(泣)。

実は仕事の慌ただしさやナンだで、2ndアルバム購入に出遅れ。
前日、たった1回通して聴いただけでの参戦。
2ndアルバム発売記念ライヴなのに…(凹)。
けど、1stの曲もけっこう演ってたので、ワリと楽しめた。

途中メンバー紹介にて、サポートのリズム隊2人の紹介もアリ。
思わず笑ってしまったのは、Gu.AKIHIDEさん紹介の時。

DA「AKI様〜(人´▽`)」

とバンギャを真似てAKIさんの名を連呼するたび、咲く場内。
つうかDAIGOさん。
そんな呼び方してる最中、表情が真顔(爆)。

いや、さすがに如月は咲けんかった。
それがバンギャの間で浸透しだした頃、既に咲ける年齢じゃなかったし@歳バレ。
この時が一番歓声が上がるらしく、面白がって何度もやってた(笑)。
AKIさんは咲くコールに慣れたらしく、最近は気持ちよくなってるそうな。

インディーズ期以来だったDAIGOさんは、スゴく大人っぽくなってた!
いや当たり前なんだけど、時代の流れをひしひしと…(苦笑)。
妖艶さに磨きがかかり、男の色気を存分に発揮。
なんかこの人って、グラムロックやるために生まれてきたって感じよね。

DAIGOさん以外のメンバーを見るのは、もちろん初めて。
SHINPEIさんは見た目通り、演奏中もなかなかワイルドな人だなぁと。
あと、遠目から見てた限りでは…。
もしかしてシンピーさん、けっこうお若くていらっしゃる?
まぁ、眼鏡しても視力1.0あるかないかの如月が、そう感じただけだけど(汗)。

AKIHIDEさんはアー写で拝見してる時から、イケメンだな〜と思ってて。
実物は、意外と小柄な人なのね。
けど演奏している時の姿は、物凄い存在感だった。

『REAL LOVE』という、ドMな歌詞の曲(笑)を演ってる最中。
DAIGOさんとAKIさんは共に、長めな鎖が付いた首輪をしてて。
後半でDAIGOさんがAKIさんの鎖を掴み、絡みだしたのだけど。
その光景たるや、めっちゃ妖艶!!
もう、本当に始めてしまうんじゃ…と思うほどに@変態かっ。

そういや、これもあくまで、遠目から見た限り…ですが。
AKIさんは背格好がこう、某LバンドのVo.さんを彷佛させた。
コーラスも抜群にカッコよくて、たびたび目が釘付け(苦笑)。

2ndをほとんど聴いてなかった上、途中参戦だった初BREAKERZ。
“こんなんじゃノリ切れないだろうな”と、一抹の不安もあったけど。
本編ラストが『WAKE UP MY SOUL』だった事で、終わり良ければ全てヨシ(笑)。
1stアルバム1曲目なこの曲、一番繰り返し聴いてた曲でもあったのだ。
(確か)Wアンコールでも演ってくれて、遅刻でヘコんでた気持ちも帳消し!

しかもWアンコールラストは、『NO SEX NO LIFE』!
“なんちゅ〜ダイレクトなタイトルを…(汗)”と思った、この曲。
ところが実際ナマで聴いてみると、エラいカッコよくてウズウズした!!

今だから言える(?!)けど、JZEILはグラム色が強過ぎて、ハマるほど好きにはなれず…。
DAIGO☆STARDUSTに至っては、奇抜なキャラ設定に退いたほど(爆)。
でもBREAKERZはHR系な曲もあるし、久し振りに見たDAIGOさんも、スゴいカッコよかった♪

そんなワケで、初BREAKERZ。
音源の予習がままならず、正直 期待感が薄かったんだけど、なかなかの好感触!!
途中からだったし、1人参戦でやや寂しかったけど、けっこう楽しめた。
来年の春に決まった次回ワンマンには、遅刻せず参戦したい(汗)。
やっぱバンド好きだな〜と、実感した一夜だった。


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM